家族葬のご近所への対応方法を知っておくと良い

ご近所への対応方法

近所の方へ事前に知らせる場合は、基本的に自治会や町内会を通して行う必要があります。
できるだけ早めに自治会の長の方へ家族葬である事を伝えます。
合わせて、親しいご近所さんへもお知らせしましょう。
回覧板などで葬儀への弔問や参列のお断りや香典を辞退するなどのお知らせをしましょう。
ハガキでも構いません。
葬儀後にお知らせする場合は、故人の意向で事後報告になってしまった事などを詫びる文章を添えてハガキなどで通達します。
葬儀に参列できなかった人の気持ちを考え、葬儀の詳細は避ける事をおすすめします。
基本的に家族葬の場合は、ご近所の方は参列しない、香典も渡さないのがマナーです。
弔問の際に香典を置いていく場合は、香典返しの必要がない3000円程度で留めておきましょう。

家族葬へは参列しないほうが良い?

基本的には、親族のみで行うことが多いので参列を断られる事がありますが、参列のお願いなどの書類が来た場合は、できるだけ参列するようにしましょう。
家族葬などでは、個人の意向で香典などを断られる場合がありますので、参列しても負担は少ないです。
香典のお断りの文章がないか事前にしっかりと確認する必要があります。
訃報の連絡の書類が届き、葬儀を行う日時や場所などが記載されていなければ、参列をお断りしていると考え、参列をするのはやめておいた方が良いかと思います。
先ほども言いましたが、弔問に伺う場合は、事前に連絡する必要があります。
弔問の際のお香典もできるだけ控え、どうしてもという場合は3000円程度にしておきましょう。