家族葬をするメリットとデメリットは?

メリット

家族葬の主なメリットは、葬儀の内容を自由に決められる点かと思います。
親族と親しい人のみが参列するため、世間体などを気にする必要もありません。
一般葬は、仏教が多いですが、家族葬の場合は、無宗教の葬儀を行う事ができ、どちらかと言えば、お別れ会に近い形です。
少ない人数で葬儀を行うため、ゆっくりと故人を偲ぶ事ができます。
葬儀にかかる負担も少ないため、香典を辞退する場合も多いです。
景気が回復しない今、できるだけ費用を抑えて、できる限りしっかりと故人を送り出してあげることのできる家族葬が人気な理由は、上記のメリットがあるからかもしれません。
もしもの時があった時は、家族葬を選択の一つとして選んでも良いのではないでしょうか。

デメリット

一番のデメリットは、葬儀費用を香典で賄えないリスクがある事です。
基本的に少ない費用で葬儀を行う事ができますが、一般葬と違い、人数が少なく香典を多くいただけない事から香典のみで葬儀費用を賄えない場合がほとんどです。
参列者への負担を考えて、香典を辞退する親族もいますが、葬儀費用の負担を少しでも抑えたいと考える場合は、香典をいただくと良いのかと思います。
家族葬に関しての知識がなく、一般葬と同じ感覚で参列してマイナスな感情をもたれてしまう可能性が高いです。
一般葬だとマナーや形式などはしっかりと決まっている場合が多いため、初めて家族葬に参列する方にとって違和感を感じてしまいマナーがないと勘違いされてしまう可能性が高いです。