葬儀の歴史を知ろう!

一般葬

一般葬とは、お通夜と告別式を行うよくある葬儀形態の事です。
身内のみが参列するのではなく数多くの方に参列してもらう必要があります。
葬儀の大きさは、参列者の人数で決まり、およそ100人前後を中規模、200人以上となると大規模葬儀と言われています。
基本的に一般葬には、しきたり、風習などを大切にする傾向にあり、親類や故人の友人や勤め先の人などに連絡をする必要があります。
葬儀に参加した人から香典をいただき、四十九日が終了した後、香典で挨拶状と品物を送ります。
参列者の人数は30人以上である事が多いです。
景気が悪く、一人一人の財産が少ないからか、年々一般葬をする人は減ってきています。
故人の意向で、家族葬にしてほしいという場合も多いそうです。

家族葬

家族葬とは、親族や親しかった人のみで行う小規模な葬式の事です。
親しい人のみで葬儀を行うため、世間体などを気にする事無く、自由度の高い葬儀を行う事ができます。
一般葬に比べて100万円以下で葬儀を行うことができるため、家族葬にしたいと考える人が多いようです。
家族葬の場合だと本当に親しい人のみを呼び葬儀を行う事ができるため、気軽に葬儀がしやすいです。
事前に連絡しなかった方の参列ができない場合があります。
参列する人数は、10人から30人となる場合が多いです。
事前に連絡をしなかった方には、家族葬の後、報告する形となります。
経済的な負担や精神的負担を軽減するために親しい人のみで火葬のみを行う直葬という形をとる方もいます。